ラーメン通販、東京ラーメンショー3年連続第一位の富山ブラック麺家いろは

通販送料一律400円(税込)
※送料は一律516円。但し、北海道・沖縄・離島の配送は送料別途になります。
※クール便の場合は別途クール代金が発生します。
お買い上げ5,000円以上で送料無料!
富山ブラック 麺家いろは 無料会員登録でポイント進呈
★新規登録するだけで
50ポイント進呈。★ご購入毎に
ポイント1%還元★ご購入時の入力が
スムーズに。

富山ブラック 麺家いろはtwitter

富山ブラック 麺家いろは 店長日記

ラーメン屋のオヤジになって、十二年が過ぎた。ここまでやってこれたのは、最良のパートナー(妻)、スタッフ、そして友人とお客様に恵まれたからである。(つづく)
店長日記はこちらから

Google

WWW を検索
menya-iroha.biz を検索
HOME»  富山ブラック 関連情報»  富山ブラックとは

富山ブラックとは

ブラックスープ
由来
1955年頃、富山市中心部で富山大空襲の復興事業を行っていた食べ盛りな若者たちの昼食として、また汗をかく肉体労働者のための塩分補給として醤油を濃くしたスープのラーメンを作ったのが起源である。このときは屋台であったが、後に屋号を「大喜」として富山市西町に店を構えた。2000年頃、当時の店長が閉店を決意したがとある企業が屋号を買い取り、さらに多店舗展開した。この頃、富山のラーメン情報を扱う電子掲示板で前述の大喜に加えめん八、竜豊、万里といった富山県内の比較的黒いスープのラーメン屋を総称して富山ブラックと呼ぶようになり徐々に浸透していくことになる。

特徴
もともと肉体労働や運動後の塩分補給、あるいは白飯を添えて食べることを意識した味付けであり、総じて塩辛い味付けになっていることが特徴。スープは醤油の濃度が高く、さらに上から大量の黒胡椒(粗挽きのもの)をかけられており独特の塩辛さを持っている。トッピングはメンマ、ノリ、などといった所で普通のラーメンと変わりはないが比較的ネギの量が多い。店によってはメンマがとても塩辛い場合もある。麺は太く少し固め。

出典 Wikipedia

富山ブラックの起源となったラーメンはとても塩辛く個性的なご当地ラーメンですが、麺家いろはの富山ブラックは塩分控えめで、あっさりとした味わい。しかも、深いコクがある醤油ラーメンです。起源となった「富山ブラック」とは違う味に「本物ではない」とのお言葉を頂くこともありますが、「富山ブラック」以外でも、フランス料理にしてもマクドナルドにしても出店する国によって味を変えているように、麺家いろはでも全国や世界で通用する味にするにはアレンジが必要と考えております。

独自製法の魚醤を使って毎日10時間程煮込みます。それで黒くなるんですが、醤油の角が取れてまろやかになり、鶏系と氷見煮干などの魚介系で取るスープと合わさると、決して塩っぱくなく、濃厚な醤油の香りと、深みのある魚の風味が味わえます。
麺家いろはのラーメン通販では、お店の味をとことん追求して、2012年5月末にスープをリニューアルいたしました。さらに美味しくなった、ラーメン通販を是非お試し下さい。
富山ブラック黒醤油らーめん